【フィジーク 】コンテスト初心者必見!大会当日に必要な持ち物リスト!

フィジーク
kaito
筋トレ歴8年・JBBFフィジーク日本大会優勝・世界大会出場の経験がある、かいとです。

>YouTube:かいと【筋肉日記】フォロワー数は3万人以上

  • コンテストの当日の持ち物って何がいるのかな?
  • コンテスト当日にあると役立つ物ってなに?
  • 初めてコンテストにでるけど不安だな

こんなコンテスト初心者の悩みを解決する記事になっています。

僕自身、今でこそ世界大会の舞台も経験してある程度大会で必要な準備について分かりますが、大会初心者の頃は周りに知り合いもいなくて、「何を持っていけばいいのか・どんな準備をすればいいのか」悩んだ経験があります。

なので、今回はコンテスト初心者に向けて「大会当日に絶対に必要な物と用意しておくと便利なもの」について僕の経験をもとに紹介したいと思います。

ぜひ、これからコンテストに出場しようと考えている方はこの記事を参考にしてみてください。

フィジークコンテスト当日に絶対に必要な持ち物リスト

まずは、フィジーク大会当日に絶対持っていくべき持ち物についてです。

大会当日に必要な持ち物は意外と多くトランクでコンテスト会場に向かう人もいます。

kaito
ちなみに僕もこんなバックで会場に向かっています。
県外で大会がある場合はトランクとバックの2つで向かうようにしています。

ということで、大きめのバッグを予め用意して、その中に必要なものを詰め込んでいきましょう。

絶対必要な持ち物リスト

  • 衣装(サーフパンツ)
  • パンプアップの道具
  • カーボアップ用の食べ物・水分

順番に解説します。

衣装(サーフパンツ)

大会にでるに当たって1番重要な物はサーフパンツです!

これを忘れてしまってはステージに立つ資格すら得られません。

他の持ち物を用意するのに一生懸命でたまに忘れてしまう人もいるので最終チェックを忘れないでください。

kaito
僕は大会当日に忘れたり、万が一破れてしまったり無くしてしまった時でも対応できるようにサーフパンツを2枚持っていくようにしています。

サーフパンツの購入時期ですが、体が仕上がる前に買ってしまうとサイズが合わなくなる事があるので注意してください。

自分の体にフィットしたサイズや色を選ぶ事でステージでの見え方が変わるので、適当に選ばずにしっかり気に入ったものを買うようにしてみてください。

サーフパンツの選び方・色・購入場所について詳しく解説しているので参考にしてみてください。

パンプアップ道具

ステージ上で「これでもか!」というぐらいパンパンに張った最高の状態を魅せるために、パンプアップ道具は必需品です。

海外の大会ではマシンやダンベルなどジムに置いてあるような物が一式揃っていますが、日本の大会ではどの団体であってもパンプアップの道具はほぼ準備されておらず、持参しなければなりません。

パンプアップで代表的なゴムチューブ

1番オーソドックスで誰しも大会当日に持ってくるものはゴムチューブです。

ゴムチューブは軽くて小さく、持運びに優れている点と、ゴムの強度が自分好みに選べるのがいいです。

ゴムの強度は強すぎても弱すぎても上手くパンプアップする事ができないので自分にあった強度のゴムチューブを購入するようにしましょう。

パンプアップ時のゴムチューブの選び方についてはこちらで詳しく解説しています。

プッシュアップバー

ゴムチューブほどではないですが、プッシュアップバーも持ってきている人がたまにいます。

プッシュアップバーがあると、大きな可動域で大胸筋を刺激できるので、あると便利です。

また、普通にプッシュアップを行うよりも手首への負担を軽減できるのでおすすめです。

大胸筋のパンプアップは、アウトラインにさほど影響はしませんが、フロントポーズでの印象を大きく左右する大事なパーツです。

こちらも手頃な価格で購入できるものが多いので、大会前に購入するといいと思います。

腹筋ローラー

フィジークでは、腹筋の溝の深さは審査項目においてかなり重要な部分です。

クランチで腹筋のパンプアップを行なっても良いですが、効率よく張らせるためには、腹筋ローラーがあるに越した事はないです。

腹筋ローラーが小さくなって2つに分かれた、Wモンスターマンローラーというのもあります。

腹筋と大胸筋を同時に刺激できるという点で優れており、荷物も少なくなるのでプッシュアップバーを買う方はこちらのほうがおすすめです。

カーボアップ食材・水分

ステージ直前のパンプアップとポージングでは想像以上に疲れます。普段の筋トレの数倍疲れます。なのでエネルギーを補給するためにも、簡単に食べられる物を必ず持参しましょう。

炭水化物源
  • バナナ
  • おにぎり
  • 大福
  • ウィダーinゼリー
などの消化が早く、お腹が張りにくい炭水化物源を持参する選手が多いです。

また、パンプアップする際には炭水化物源だけでなく、適度な脂質も筋肉を張らせるためには必要になります。

脂質源
  • ピーナッツバター
  • ポテトチップス
  • チョコレート
このような脂質が含まれている食事も持っていくと良いです。

また、これらの食材は塩分も含まれているのでパンプアップに有効です。

食べるタイミングは、体のコンディションを随時チェックしながらパンプアップの前に摂るようにするといいです。

kaito
大会前に塩抜きを行いすぎて筋肉が張らない選手が多くいます。筋肉がちゃんとパンプするためには、ある程度の塩分が必要なので抜きすぎには気をつけましょう。

水分

筋肉を”ッパリ”とさせるために、大会前から水分を控えた状態でコンテストに挑む選手も多いと思います。

その際に水分を抜きすぎていると筋肉が張らなかったり、攣ったりしてしまう場合があるので水分を忘れずに持っていきましょう。

飲み方は、自分のコンディションを見ながら塩分と一緒に調節するといいです。

kaito
ウィターゴは炭水化物だけでなく電解質も含まれているので、水に溶かしてパンプアップ前に飲むのがおすすめです。

 

大会初心者でありがちなのが、過度なカーボアップ・水抜き・塩抜きをしてしまい、大会当日は上手くパンプせずに好きな物を食べた翌日の方がコンディションが良かったというパターンがあります。

最近では、大会直前に調整をして120点を目指すのでなく、カーボアップや水抜きは行わず、普段の減量食を食べ続けて100点の状態で大会に臨むというのが主流になりつつもあります。

 

コンテスト当日にあると便利な持ち物リスト

この項目は、無くても特に問題ありませんが僕がフィジークコンテストに出場していて、これがあると便利だなと思って実際に使っているものをまとめてみました。

あると便利な持ち物リスト

  • ジップパーカー
  • サンダル
  • マット
  • イヤホン
  • モバイルバッテリー

ジップパーカー

Tシャツを着ている選手もいますが、僕は必ず大会の時はジップパーカーを着て会場に行きます。

ジップパーカーだとステージ直前まで着ておく事ができるので体が冷める心配をしなくても大丈夫です。またステージが終わってもすぐに着る事ができるので便利です。

また、ジップパーカーだと脱ぎ着がジップで行えるのでセットした髪型が崩れないというのが1番大きいです。

僕はハーレーのラッシュガードを着ています。

薄手なので暑い時期でも対応できるし、寒ければこれの上からもう1枚羽織っておけばいいので便利です。

またカラーリングをすると服が汚れますが、これは洗濯をすればすぐに汚れが取れるので大会時は毎回これを使っています。

サンダル

いちいち靴下を履いて、靴に履き替えてというのは会場ではとても手間になるのでサンダルがあると便利です。

また、会場内の床は意外と汚れていたり、裸足で移動すると何か落ちていた時に危ないです。

ヨガマット

大会の規模が大きくなればなるほど待機する時間が長くなります。

そんな時にヨガマットあれば、座ってもお尻が痛くなる事はないし、寝て待機する事もできます。

ヨガマットは、少し大きく荷物になってしまうので大会の規模を事前に把握しておいて準備するといいです。

イヤホン

ステージ直前のパンプアップ時など「集中したいから他の人の声を遮断したい!」という人はイヤホンを用意するといいです。

ただ、ステージ裏は選手同士が仲良くなるチャンスです。自分のペースを保ちながらこんな感じでコミュニケーションが取れると大会がより楽しくなります。

モバイルバッテリー

大会時は、自分の出番まで携帯を見たりSNSを更新したりするのですぐに充電がなくなってしまいます。

充電が無いと、せっかく大会で仲良くなった選手と連絡先を交換できなかったり、写真や動画を撮る事ができなくなるのでモバイルバッテリーを1つ用意しておく事をおすすめします。

kaito
この充電器は僕も持っていますがかなり便利です。通常の充電器のようにコンセントから充電もできて、さらにモバイルバッテリーとしても持ち運びができます。

初コンテストは不安でいっぱい!

初めての大会は右も左も分からず、不安が多いと思います。その不安を少しでも解消する事で大会に自信を持って挑む事ができます。

フィジーク大会でのステージの動きや、ポージングに不安がある方は下記のページを参考にしてみてください。

フィジーク大会の基本のポージングについて
フロントポーズ編
サイドポーズ編

筋肉の大きさは短期間でどうする事もできませんが、ポージングを練習する事で実力以上にステージ上で体を大きく見せる事はできます。

kaito
参考までにですが、僕は大会前のポージング練習を毎日2時間は行っていました。少しでも順位を上げられるように練習してみてください。

といわけで以上です。

LINE@から初回パーソナルトレーニングの お申し込みも受け付けております!↓↓ 友だち追加

筋肉を付けたい!という方にに無料メルマガ配信しています!


ボディビルランキングクリックが応援になります。

フォローする

関連記事