【コンビニの塩味ゆで卵の作り方】自宅でも簡単にすぐ作れるレシピ紹介

食事・栄養
kaito
渋谷・恵比寿・新宿でパーソナルトレーナーをしている澤原魁門(kaito)です。@kaito.sawahara

コンビニで売っている塩味のゆで卵をよく食べるのですが、殻がついているのにあの黄身まで絶妙な塩加減と、ほどよい半熟具合と固さ。

「ついつい食べ過ぎてしまうあの美味しさ」

みなさん不思議に思ったことありませんか??

あの「塩味ゆで卵」はなにか特別な作り方があるのかな?と思ってましたが

調べて見ると意外と簡単に作れるみたいだったので、家で作ってみました!

するとビックリするぐらいちゃんとコンビニで売られている美味しい塩味ゆで卵が作れたので今回紹介します!!

塩味ゆで卵の作り方!【コンビニ風】

塩味ゆで卵を作るのに必要な材料

必要な材料

  • 卵・・・食べたい数だけ!
  • 塩・・・100g
  • 水・・・250g(卵が浸るぐらいの水の量)
  • ジップロックorタッパー

塩味ゆで卵の作り方

⑴水に塩を溶かして冷蔵庫で冷やしておく!

冷蔵庫で冷やすというのが結構ポイントです!
詳しくは最後に話します。

水250g

塩100g

今回はジップロックを使いました。

塩と水がしっかり混ざりきるまで揉んでください。

kaito
今回作ってみた結果、塩は計らなくても大体の分量で良さそうです!

⑵卵を好みの固さに茹でる

今回は沸騰してから8分間茹でました!

  • 茹でる前に卵を常温にしておくと殻がむきやすくなります!
  • あつあつの熱湯に卵を入れると殻がむきやすくなります!
    (常温にするのはこの時に温度差で割れないようにするため)
  • 卵をお鍋に入れる時は割れないようにそっといれましょう!
kaito
10分では半熟を通り越してしまうため、おすすめは7〜8分ぐらい!

⑶ゆでた卵を、熱いまま塩水に入れて冷蔵庫へ!

ゆでた卵を殻付きのまま塩水に入れます。

卵が熱いうちに塩水にいれるのがポイント!

空気を抜いて、卵全体に塩水がいきわたるようにします!

そのまま冷蔵庫で一晩置きます。

真ん中の卵のようにヒビが入ってしまったゆで卵は、塩味が濃くなりすぎるので塩水に浸けたあと早めに取り出すか、そのまま食べてしまいしょう。

 

一晩置いて出来上がり

今回は夜10時〜朝8時の10時間ほど塩水に浸けて置きました。

黄身までほどよく塩味になっていて丁度いい濃さでした!

黄身の固さは茹で時間10分でこのぐらいなので参考にしてみて下さい。
もう少し半熟が良いという方は7〜8分ぐらいがおすすめです!

なんで殻がついているのに中まで塩味になるのか?

なぜ殻がついているのに黄身にまで塩味が付いているのか不思議に思ったことはありませんか?

これには「浸透圧」が関係しています。

浸透圧というと学生の頃に勉強したのを思い出しますよね。

簡単に説明すると、卵の殻には実は小さな穴がたくさん空いています。
この穴から塩が入っていくことで、殻が付いているのに黄身まで塩味がついた卵が出来上がります。

ここで大事なのが熱い卵を冷たい水の中に入れるということです!

これを行うことで「浸透圧」が強く働いて卵に空いている穴から塩が入っていき味が付くという仕組みになっています!

そのため、最初に塩水を冷蔵庫に入れて冷やしておく必要があったんです。

コンビニの塩味ゆで卵と比較

味に関してはほとんど変わりません。
黄身の固さも、半熟から固いのまで自分の好みにできます!

 

値比較

自分で作ると・・・1個25円

コンビニ・・・1個70円

 

自分で作った方が圧倒的に安かったです!
でもコンビニの手軽さにはかなわないので、
節約したい方や・まとめて作り置きしたり間食用に作って置くと便利に使えます!

卵について!

卵の栄養素

ゆで卵は1個あたり、エネルギーが約90kcalあります。
タンパク質7g、脂質6gと非常に高タンパクな食材です。
脂質が少し多いように感じますが、大量に食べない限りは気にしなくても大丈夫です。

その他に、ビタミン群や、カルシウム、鉄など、健康を維持するために必要な栄養素も豊富に含まれています!!

kaito
卵はタンパク質豊富で筋肉に良い食材です!
僕は1日に最低でも3つ多くて10個食べてます!!

卵のアミノ酸スコアが凄い!

アミノ酸スコアが凄い!と言われてもなんのこっちゃ?って感じですよね。

簡単に言えば
卵のタンパク質は「質の良いタンパク質」ということです!
これだけ分かっておけば下の文章は読まなくても大丈夫です!

アミノ酸には「非必須アミノ酸」と「必須アミノ酸」があります。

「必須アミノ酸」は9種類あり、これらは「非必須アミノ酸」と違い、体内で作ることができないため食事から摂取しなければなりません。

その9種類のアミノ酸が、理想とされる量に比べてどれくらいの割合で入っているかを示したものが“アミノ酸スコア”と言います。

すべての必須アミノ酸が、必要とされる量を満たしている場合に、アミノ酸スコアが100になります

そしてなんと卵はこのアミノ酸スコアが100点の食品なんです!

kaito
アミノ酸スコア100の食品は筋肉にも体にもすんごく良いです!!

コレステロールは大丈夫??

たまごを2個も3個も食べていると「コレステールが〜」と注意されたことが皆さんあるのではないでしょうか?

しかし「コレステロールに気を付けましょう」といわれていたのは、過去のはなしです。

最近の研究では、「コレステロールは体内で合成される脂質のことで食品から摂取するコレステロールの影響は極めて少ない。

と言われているので、食品から摂取する分にはそこまで気にする必要はありません。

このことからコレステロールの事はあまり気にしなくても大丈夫です。

しかし、卵ばかり食べていると動物性脂質の摂りすぎで腸内環境が悪くなってしまい体に良くありません。

卵は美味しいですが、何事もバランスが大事です!
程よく栄養が偏らないように食べましょう!

まとめ

用意する材料も手間もかからず簡単に美味しくコンビニの味付きゆで卵を再現することができました!

おさらい

  • 塩水をしっかり冷やして置く!
  • 半熟にしたい場合は沸騰してから7〜8分程度茹でる!
  • あつあつのまま塩水につける!
  • 冷蔵庫で一晩冷やす!

以上でコンビニの塩味ゆで卵と変わらないぐらい美味しいゆで卵が作れました!

値段もコンビニの半額以下で作れて節約できます!

そして卵は「良質なタンパク質」であり筋肉にとても良いです!

しかし食べ過ぎはよくないのでほどよく栄養バランスを考えて食べましょう!

今回こちらのジップロックを使ってみました!

冷蔵庫のスペースもとらないのでとても使いやすかったです!
あとチャック部分が二重になっているので液漏れの心配もなく安心でした!


といわけで以上です。

質問はTwitter(@kaito_sawahara)または、
LINE@からお気軽にどうぞ。

また、LINE@から初回パーソナルトレーニングの
お申し込みも受け付けております!↓↓

友だち追加


ボディビルランキングクリックが応援になります。

フォローする

関連記事