筋トレを8年続けて感じた【筋トレをするメリット・デメリット】順位形式で発表!

その他

渋谷・新宿・池袋で
パーソナルトレーナーをしている
澤原魁門(kaito)です。

僕は高校生の頃から筋トレを続けてきて、そろそろ筋トレ歴が8年目に突入しそうです。

そんな僕が筋トレを続けてきて感じた、

筋トレを行うメリットとデメリット」について今回お話したいと思います。

先に言っておきます!

筋トレは素晴らしいです!
筋トレは様々な良い効果を与えてくれます!!

それでは、8年筋トレをやってきて僕が感じた、

筋トレを行うメリットとデメリット」について順位形式で発表したいと思います!

筋トレ行うメリット

第⑥位 街中でトラブルに巻き込まれない

体が大きいからか街中でトラブルに巻き込まれる事がほぼありません。

僕の場合は、昔から太くて体が大きかったのもあるかもしれませんが…

第⑤位 肩コリがない

筋トレで血行が良くなっているのもありますが、怪我をしないために風呂上がりにストレッチを入念に行なっているのも肩コリがない原因に繋がっているのだと思います。

第④位 シンプルな服でも似合うようになった

太っていた頃は、ジャストサイズを着ると動きにくかったり、体型がでるのが嫌でゆったりした服やジャージを着ていました。

筋トレをしだしてからは、シンプルなTシャツとジーンズだけでも問題なく着こなせる体になることができました。

第③位 栄養の知識がついた

筋肉を付けるためには、栄養面も知ることが大事なので、体に良いものを意識的に食べたり、逆に体に悪いものはあまり食べなくなりました!

栄養面の知識が付くと沢山のメリットがあります。

風邪を引きにくくなった

バランスのいい食事をするようになり風邪を引きにくくなったのと、風邪を引きそうな時でも、自分で対処できるようになりました。

体重のコントロールができる

どれぐらいのご飯を食べれば体脂肪を減らせるのか分かるようになったので、食事をコントロールする事でいつでも痩せる事ができるようになりました。

肌が綺麗になった

以前は、気にせずなんでも食べていたのでニキビや吹き出物など沢山ありましたが、栄養面を知ってからは、ファストフードや脂っこいものを食べなくなり肌が綺麗になりました。

第②位 スイーツを食べられるようになった!

栄養面の知識が増えたからというのもありますが、どうすれば太らない食べ方ができるかが分かったので、昔より気にせずにスイーツを食べられるようになりました!

第①位 体が変わる

体が変わる』これが最大のメリットだと思います。

筋トレをするようになってからは体はもちろん変わりましたが、顔もなんとなく変わったように感じます。

これは筋トレをすることでテストステロン(男性ホルモン)が分泌されて男らしい顔つきになったのかなと感じています。

あとは体が変わる事で自分に自信が付きました。
太っている頃は何をするにしても自信がありませんでしたが、体が変わった事で色々な場面で自信をもって行動することができるようになりました!

筋トレを行うデメリット

第②位 服が入らなくなる

僕の場合、筋肉を付けるために一旦体重を増やす期間があります。

昨年は、20kg増やしたので服が入らなくなり大変でした。
冬は、20kg増えた体に重ね着をしてダウンを着ると雪だるまみたいになってしまいます。

逆に、体が大きくなって服が入らなくなると「嬉しい」と言う人もいますよね。

第①位 凄くモテる

第①位はモテるです!

女性…なら嬉しいのですが、男性にモテるモテる。

海で声をかけられたかと思えば男..視線を感じるのも男..居酒屋で声を掛けられるのも男…

筋肉をつけたら分かると思いますが本当にモテます。

筋トレはメリットしかない!

僕は筋トレをしてきて、ほとんどメリットしかありませんでした。

あとみなさんが気になるのはトレーニングをしてモテるようになるのか?だと思いますが、

間違いなくトレーニングをするとモテるようになります。

トレーニングをすると体も変わり自信が付くからです!

僕の場合、女性からだけでなく良くも悪くも男性からもですが…。

良い体には誰しもなりたいと思っているので、筋肉があると色んなところで声を掛けてもらえます。

女性からモテるか?と言われると男性の割合の方が多くて…。

ですが少なからず太っていた頃より女性からもモテるようになりました。

だらしない体よりは締まった体の方がモテると思います!

モテるモテないよりも筋トレを行う事で沢山のメリットがあるので、筋トレを始めようか悩んでいる人は是非初めて見る事をオススメします!

人生変わるかもしれませんよ!

~あわせて読まれている記事~

筋トレにおける正しいセット数・回数・インターバルの取り方は?【筋肉をつけるための方法】

2018.12.11

トレーニング・食事などに関してのご質問は LINE@から受け付けております。

また、LINE@から初回パーソナルトレーニングの お申し込みも受け付けております!↓↓ 友だち追加


ボディビルランキングクリックが応援になります。

フォローする

関連記事