ケトジェニックダイエット中に食べれる【絶品ケトチャーハン?!紹介!】

食事・栄養
kaito
どうも絶賛ケトジェニック中の魁門(kaito)です。@kaito.sawahara

今日はケトジェニックダイエットでも食べられる絶品チャーハン?!を紹介します。

これ中毒性があるので、厳しいダイエットをしている人は気をつけて下さい。

ケトジェニック中に食べれる【絶品ケトチャーハン?!】紹介

絶品ケトチャーハンを紹介する前に、ケトチャーハンとの出会いを少しだけ話させてください!

このケトチャーハンとの出会いは、世は夏休み真っ只中の暑い暑い真夏の夜です。

いつも通りケトジェニック用の食材を買いにスーパーに行ったのですが、その日はたまたま冷凍スペースが気になり物色していると今回のメインとなる食材を発見。

糖質がほぼ無く、とりあえず買ってみる事に。

そして家に帰りいつもよりお腹が空いていたので食材達を一緒に炒めたところありえないぐらい美味しい絶品ケトチャーハンが出来上がった。

これが僕と絶品ケトチャーハンとの出会いです。

ケトチャーハンで使う食材の紹介

僕と絶品ケトチャーハンの出会いを知っていただいたところで、今回の料理で使う食材達を紹介します。

それがこちら!

かつおは気にしないでください。(お腹が減ったから買いました。)

ケトチャーハンの材料

  • カリフラワーライス
  • 糖質ゼロ麺
  • マヨネーズ
  • MCTオイル
  • 塩(ピンクヒマラヤソルト推奨)

以上のラインナップです!

絶品ケトチャーハンの作り方

作り方は超簡単。

そう!

  1. 入れて
  2. 炒めて
  3. かけるだけ!

この3ステップで出来上がり!

ここを少し分かりやすく説明すると

①カリフラワーライスを炒める

フライパンを用意してまずはカリフラワーライスが凍っている状態なので炒めます。

同時に糖質ゼロ麺も入れちゃいます。

POINT

カリフラワーライスと糖質ゼロ麺の水分を軽く飛ばすようにしてください。味付けで塩の量やマヨネーズを多く入れないと味がしない原因にもなります。カロリー過多になってしまいます。

②卵を投入

先ほどのカリフラワーライスと糖質ゼロ麺の水気が飛んだところで、卵を投入します。

そしてマゼマゼ、混ぜ混ぜ。

③塩で味付け

ここで塩で味付けします。

塩はピンクヒマラヤソルトがおすすめです。

④盛り付け

炒めたケトチャーハンをお皿に盛り付けて、MCTオイルとマヨネーズをお好みでかけます。

MCTオイルは炒めている最中に入れないようにして下さい。
MCTオイルは発煙温度が150度と低いので、揚げたり炒めたりすると煙が出たり、 泡立ちが起こり危険です。

⑤出来上がり

超簡単に作れる【絶品ケトチャーハン】の完成です!

ケトジェニックダイエットに興味がある方は【ケトジェニックダイエットの正しいやり方について】の記事を参考にしてみてください。

ケトマスターかいとがケトチャーハンを作る時の分量はコチラ

卵の数やMCTオイル、マヨネーズの量を調節すればカロリーコントロールは比較的簡単なのでご自身の摂取カロリーに合わせて調節してみてください。

ちなみに僕の場合は、

かいとのケトレシピ

  • カリフラワーライス150g
  • 糖質ゼロ麺1袋
  • 卵1~2個
  • MCTオイル15g
  • マヨネーズ10g
  • 塩多目

こんな感じです。全部で500カロリー程度です。

僕は現在、減量中で体重減少を加速させたいためMCTオイルの量を多く摂取するように心がけています。なので、味付けは塩を多めにしてマヨネーズの量が少なくなるように調節しています。

脂質の摂取でMCTオイルの割合を増やすとエネルギーを効率よく使うことができます。
kaito
ケトジェニックダイエットをやりたい!というあなたのために、かいとチョイスでケトジェニックサプリ一式をチョイスしたよ!

Iherb→ケトジェニック初心者が最初に揃えるサプリ類一式

iHerb割引コード【VSB640】で5~10%OFFになるよ^^

最後に

この絶品チャーハンは本当に美味しいです!

初めて作った時は衝撃を受けて、今大会に向けて減量を行う際のコーチであるこいちゃんにすぐに連絡をしてしまったぐらいです。

そして追いチャーハンもしてしまいました。

それぐらい中毒性があるので注意してください。

でもMCTオイルを入れずにマヨネーズ少なめで作れば卵1個分のカロリーとカリフラワーのほんの少しのカロリーしかないので、調節次第ではほぼカロリー気にせず食べられるので安心です。

ぜひ一度も試してみてください。

試された際は、InstagramTwitterで僕のアカウントをタグ付けして感想を教えて頂けると嬉しいです。


といわけで以上です。

質問はTwitter(@kaito_sawahara)または、 LINE@からお気軽にどうぞ。

また、LINE@から初回パーソナルトレーニングの お申し込みも受け付けております!↓↓ 友だち追加


ボディビルランキングクリックが応援になります。