「ダイエットしてるのに痩せない!」のはなぜ?間違いがちなポイントを解説

ボディメイク

東京でパーソナルトレーナーをしている澤原魁門(かいと)です。

今日は、「ダイエットしてるのに痩せない!」のはなぜ?
間違いがちなポイントを解説します。

ダイエットしているのに痩せないリバウンドしてしまった…あなたは正しいダイエットのやり方を知っていますか?テレビで見たダイエット方法を鵜呑みにしていませんか?

正しいダイエットのやり方を理解して、効率的にダイエットを行いましょう!

理想のダイエットとは?

ダイエットしているのに痩せない!
と悩んでいる方は結構います。そんな方達にまず知っておいてほしいことがあります。

ダイエットは脂肪を落とすことが目的であり、体重を落とすことが目的ではない
ということです。

ダイエットで失敗する人は体重計の数字しか見ていません。

体重計に乗り1kg増えた、減ったで一喜一憂している人を見ると非常に残念です。

1番の理想のダイエットは”筋肉量が増え脂肪量が減る”ということです。

正しいダイエット方法では、結果的に体重の減少は少ないかもしれませんが、筋肉がつくことで引き締まった体になります。

基礎代謝があがり痩せやすい体を手に入れることが出来ます。

しかし、間違ったダイエット方法はストレスがたまりイライラするだけでなく、筋肉が減って代謝が悪くなり痩せにくい体になります。

また代謝が悪くなることで元の食事に戻した時にリバウンドをおこしやすくなります。

このように正しい方法を知らずにダイエットを行うことはマイナスの面しかありません。

しっかり正しい方法が分かっていればダイエットはそれほど大変なものではありません。

また、体重が停滞期に突入しても正しい知識があれば焦らず乗り越えることができます。

最小限のストレスで引き締まった体を手に入れましょう。

では次に間違ったダイエットはどんなものがあるのか見ていきましょう。

痩せない、間違ったダイエット方法

糖質はだめ?

まずダイエットと聞くと「糖質は食べちゃだめなんでしょ?」
という方が沢山いますが、むしろ糖質はちゃんと食べましょう!

糖質は人間が活動する上でとても大事エネルギーだからです。

つい先日ダイエットを始めた友人が真剣な顔で

糖質は食べないようにしてるんだよね。とくに米とか食べないようにしてる

と言うんですが、その友人の手にはアーモンドチョコが握られていました。

糖質は食べないようにしてると言っていましたが、何が糖質なのかをしっかり理解していなかったのです。
(アーモンドチョコは糖質と脂質)

この考えではダイエットは成功しません。

最低限なにが糖質でなにがタンパク質なのかだけでも理解しておくことでダイエットはもの凄くやりやすくなります!

ダイエットに必要な「タンパク質、脂質、炭水化物」三大栄養素について【ボディメイク日本代表がわかりやすく解説】

2018.09.22

○○ダイエットが痩せない原因かも

バナナダイエットリンゴダイエットなどよくテレビや雑誌でとりあげられているダイエット方法です。

最初のうちは体重が落ていくかもしれません。しかしそれは偏った食事で筋肉が落ち体重が減っているだけです。

これは体に悪いだけでなくリバウンドしやすい体になる原因にもなるのでよくありません。

1日1食ダイエット

1日に1食しか食べないダイエット法です。

1日に1食しか食べないということは体にエネルギーが入ってくるタイミングが1回しかないため、体はエネルギーが切れないようにできるだけ消費しない体になっていきます。

消費しないためにも筋肉が削られ脂肪が蓄えられるようになります。

なのでしっかり1日3食食べるようにしましょう。

できるなら間食をとり常にエネルギーが切れないようにするといいです。

お肉を食べると太る?

お肉は太るから食べないという方がいますが、ダイエットをするならむしろお肉は食べるべきです。

しかし脂身の多いお肉は避けるようにしてください。

赤みのお肉や鶏肉、魚を食べるようにすれば食べ過ぎない限り太ることはありません。

なぜお肉を食べるといいのか?

お肉にはタンパク質がたくさん含まれています。

筋肉をつけるにはタンパク質を摂取することが大事なのでお肉を食べた方が良いということです。

ダイエットで1番大事なことはしっかりタンパク質をとることです。

これは筋肉をつけるためだけでなく、皮膚や髪、爪もタンパク質でできているためとても重要な栄養素だからです。またタンパク質をとることでお肌のハリ、ツヤがよくなったという方もいます。

日本人はタンパク質を十分とれていないのが現状です。
意識して摂るように心がけるだけでも結果は変わってきます。

タンパク質は主にお肉や魚に多く含まれていますが、他にも豆類や乳製品などにも含まれています。

サラダ中心の食事

サラダ中心の食事では十分な栄養をとれず痩せにくい体になってしまいます。

サラダ中心の食事にすると、最初のうちは体重が落ちるかもしれません。

しかし、これはただ十分なカロリーが足りず筋肉が落ちているだけです。

このような食事をしていると十分なカロリーが摂れないため体が勝手にエネルギーの消費を抑えようとするだけでなく、脂肪を溜め込んで痩せにくい体になってしまいます。

有酸素運動、例えばジョギングやウォーキングなどで汗をかいた後に体重計に乗ると体重が減っているかもしれませんが、それは体から水分が流れていっただけで脂肪が落ちた訳ではありません。

体脂肪率が落ちていたとしても運動後には必ず低めの数値が出るので体重計は信じないようにしてください。

また有酸素運動より基礎的なトレーニングを行うほうが筋肉がつき基礎代謝があがり痩せやすい体を作るには効率的です。

以下の記事でトレーニングの重要性を書いています。

【ボディメイクのプロが解説】筋トレがダイエットに効果的な理由!食事制限以上のメリットがある!

2018.10.03

ボディビルランキングクリックが応援になります。